ごはんができたよー!!

ごはんができたよー!!

エスキモーズの歌唄い、三浦由有の日記。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK   PROFILE  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
青森青森うまいメシ

前回に引き続き、青森のこと。
ごはん編。


青森に行ったら、ここで食べなきゃ損!!という海鮮物に特化した「さとや」という居酒屋があるそうだが、そこの予約が取れなかった。
そこで引き下がらないのがウチのかみさん。
「そしたらさとやさんが『ここは美味しいですよ!』というオススメのお店を教えてください」という、なんだかこんなバラエティー番組あったような…と思うような問い合わせをした。
確かに青森で一番評判のお店の人が紹介してくれるお店は美味しいに決まっている。
そこで紹介してもらったのが「わいや」というお店。
さとやさん自ら我々分の予約を取ってくださった。

刺身も生牡蠣も天ぷらも、全部が好み。
生きたまま出てきた海老にはびっくりしたけれど、全部美味しい。
人気店からの紹介作戦大成功!


かみさんの実家にて、お昼ごはん。
たくさんの家庭料理が並び、どれもこれも美味しそう。
なかでも刺身にびっくり!
イカとアワビと、それから憧れのホヤ刺しがある。
好きな作家 椎名誠の本を読んでいて、「東京のホヤは美味しくない、東京のホヤは酢の物にしないと食べれないけれど、産地のホヤは刺身で食べてもうまい」みたいな文章をよく目にするんだけれど、かみさんの実家でそれを体験できるとは…!
ホヤ刺しすごく美味しかった。
そんな嬉しい出会いでもあったので、今回の旅の一位かもしれない。
夫婦二人では食べきれないほどの料理の数々、全部美味しかった。(胃袋もっと大きかったらなあ)
また遊びに行きたい、もうひとつのふるさと。


かみさんがよく言っていること。
「東京で『青森ラーメン』なんて看板よくあるけれど、未だに美味しいって思った店は無い」
そしたら青森のラーメンって一体どんなんだ?
一番ウマイよ、って言っていた市場の中にある店は、訪れた時にはもう閉店してしまっていた。
それで、ふらっと入った、駅に隣接するラーメン屋さん。
これがとても美味しいのであった。
東京の青森ラーメンって「煮干し」ってのを売りにしているけれど、どうやら現地では違うようだ。
「焼干し」なのだ、青森は。
焼干しは、煮干しに比べて香ばしく、臭みは少なく、旨味がギュッと凝縮されているイメージ。(味噌汁の出汁で使い比べてみたけれどその味の違いは歴然である)
シンプルな醤油だけれど、その焼干しの味が濃く出ている。
そして麺が独特。
ぱっと見、蕎麦のように黒いツブツブが見えるのだけれど、これは麺に焼き干しを練りこんでいるらしい。
おまけに、具にお麩が入るのも特徴だとか。
確かに東京にはこんな青森ラーメンは無い。
煮干しラーメンと謳っているラーメン屋さんは今すぐ焼干しの導入を検討してみてください。


青森のおとうさんの晩酌には、この貝焼き(かやき)。
僕もたまぁに作ってもらう。
ホタテに卵にネギ、そしてここにも焼干しのダシを使い、実際のホタテ貝殻の上で煮る。
この「食事処おさない」ではその貝焼きにウニが乗る。
これをちびちび突っつきながらお酒を飲むのはなかなか良い。
駅前通りにあるお店なので、小さい食事処にも関わらずたくさんの観光客が押し寄せ、タイミングを間違えると行列に並ばなくてはならない。(青森を訪れる人もいるが、北海道旅行者の途中下車も多い)
たくさんの客に対応するためか、本物のホタテ貝ではなく鉄製のホタテ貝風鉄皿を使っていた。
駅前の小さい食堂で、ビールを飲みながら貝焼きを突っつく。
なんだか上野発の夜行列車降りた時から〜なんて演歌が流れてきそうだ。(この時は連絡線じゃなくて東京へ戻る新幹線を待っていたんだけれども)


♪BGM『Bright Shinig Star』Dry And Heavy
| 15:28 | ごはん | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 15:28 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eskimoz.jugem.jp/trackback/533
<< NEW | TOP | OLD>>