ごはんができたよー!!

ごはんができたよー!!

エスキモーズの歌唄い、三浦由有の日記。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK   PROFILE  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
塔ノ岳

この夏、仲間内で「松本山岳隊」というチームを結成した。
富士登山を目的とした登山隊である。
そういえば山らしい山は高校出てから登ったことがない。
なんだか山登り欲がふつふつと湧いてきて、お盆休みを利用して登山を計画した。
丹沢山地の塔ノ岳(1,491m)が手頃でしょうと、松本隊長(エスキモーズのドラムまっちゃん)に教えてもらった。

朝早く経堂駅を出発、秦野駅で下車しバスに乗り込みヤビツ峠へ。
ヤビツ峠(761m)から塔ノ岳をやる、隊長オススメのコースである。
ヤビツ峠から塔ノ岳山頂までの高低差はそんなにないけれど、登ったり下ったりをひたすら繰り返しながら5時間弱かけて山頂を目指す。

9:00ヤビツ峠を出発。
天気は曇りで、山全体が雲の中。



標高が上がるにつれて視界がなくなっていく。
あたりの植物だったり岩肌だったりの変化で、どうやら高い所にいるようだ、と感じれるくらいで、あとはひたすら目の前の斜面との闘い。
何度も山頂っぽいところに到着するが、そこは塔ノ岳の頂上ではない。

途中、おにぎりと味噌汁で一休み。
塩分がありがたい、と思えるくらい、汗かいている。
雲の中はジメジメしていて非常に蒸し暑い。

山頂手前の小屋で食べたかき氷が、今回の1位!

13:30、塔ノ岳山頂。

相変わらず雲の中で、視界はゼロ。
かなりの汗をかいたのでTシャツを取り替え、レインウエアを着た。
着ていないと、雲の水滴で再びびっしょりである。
ザックから取り出したのはカップ麺とおにぎり!

お湯を沸かして昼ごはん。これ、2位!

14:15、大倉方面へ下山。
噂には聞いていた大倉尾根、通称「バカ尾根」は、ホントーに足がバカになるくらいひたすら続く下り道。
泣べそかきながら弱音を吐く山岳隊員を引きずるようにして下り、だいぶ遅れて18:00に大倉のバス停到着。
疲れたとか達成感とかではなく、なんだか「任務完了」みたいな気分であった。
また登るぞ、塔ノ岳!


ちなみにこの登山は、翌週に松本山岳隊で登る富士山の訓練のつもりだったのだが、ぼくは仕事を休めず富士登山参加できず…。
悔し涙を流しつつ、松本隊長の奥さん安産祈願山行は会社より登頂成功を祈っていたのであった。

松本隊長、この垂れ幕をザックに括り付けて富士山を登る!


♫BGM『隣の町のお嬢さん』吉田拓郎
| 15:53 | | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 15:53 | - | - | - |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eskimoz.jugem.jp/trackback/491
<< NEW | TOP | OLD>>