ごはんができたよー!!

ごはんができたよー!!

エスキモーズの歌唄い、三浦由有の日記。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK   PROFILE  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
STORY BOOK 第2章

ライヴレポート③

6/21、エスキモーズは東北自動車道で那須へ。
ぼく、りゅう、まつも、いせ、まぼろし、おりえの6人でのライヴである。
那須で活動している歌唄い2人組 RUSTICOに、去年に引き続きライヴに誘ってもらった。
RUSTICOの片方はぼくの妹(次女)でもある。

諸事情で会場でのリハーサルはできないとのこと。
そこでぼくの実家に直行し家にある機材で簡単なリハーサルをやることになった。
車を降りた瞬間、東京生まれ東京育ちのトロンボーンおりえが「田舎のにおいがする!」と言ったのが印象的。
確かに東京じゃ土や草がむき出しになっている土地はほとんどないわけだもんなあ。
ここらでは、逆にコンクリートに固められた土地の方が少ない。
家に入ってからも、窓から森や畑が見渡せるという事に感動しているご様子であった。

リハーサル、と言いつつゴロゴロするのがメインになった。
練習も一応はやったけれどもね。→リハ風景(これで本当に観れるのか…?)


一息ついたら今宵のライヴ会場に移動。
那須街道沿いにあるLIVINGSTONという、どことなくメキシコやサンディエゴのような雰囲気のお店である。
同店名のカフェと雑貨屋が隣接していている。
とてもいかしてる!
さらに隣はアメリカーンなお店がたくさん。
エルビス…なぜ彼がここに??


共演で同じく東京から来ているバロンと世界一周トリオの面々も到着している様子。
雨が降ったり止んだり。
だんだん暗くなっていく。

お店の前にはネイティブアメリカンのティピーが立っている。
その中では焚き火が燃えていて、いい具合のくつろぎスポットになっていた。
これ、ほしいなあ。

りゅう&宮坂くん、ベーシストコンビ。
汗っかきの2人は暑い暑いと言ってすぐ出て行ってしまった。

koumeya candleのキャンドルがお店の周りをデコレーションしていた。
雨で残念だったけれど、これもまたお店の雰囲気にあっていてとても良い。

演奏は我々エスキモーズから。
ライヴ写真は地元のカメラマン田代さんが撮ったもの。






アコーディオンのマボロシ子が唄う「雨降りお月さん」がとても良かった。
だれか動画撮ってないかなあ。

続いてバロンと世界一周トリオのステージ。

RUSTICOの2人がエスキモーズを観に東京に来た時に共演していたのがバロンさんで、彼のステージに魅了された2人は今回のイベントに是非バロンさんを呼びたいと熱望していたのだった。
叶ってよかったね!
しかも世界一周トリオでの出演。
ぼくとしても、地元にバロンさん八木橋さん宮坂くんがいるのがとても不思議な感じであった。
それだけで不思議なのに3人でぼくの実家にも泊まっていってくれた!ふーしぎー!
世界一周トリオは那須でもお客さんの心をガッチリ掴んでいった。
ぼくらもこういうライヴができるようになりたい。

最後にはBANANAでトロンボーンおりえが乱入!
と言ってもライヴ前にバロンさんにいきなりの「むちゃブリ」をされ、ソロを吹くことになったのだが…
即興でのおりえトロンボーン VS バロンさん口トロンボーン合戦、これぞミュージックエンターテイメント!

最後に出演したRUSTICO。

オリジナルもカバーも雰囲気が良い。
雨の那須の森に合っているなあと思った。
東京じゃあまりだせないだろうこの感じ、那須で活動している意味がある!
この勢いで那須で音楽フェスをじゃんじゃん開催してほしい。
東京やほかの県からもたくさんのミュージシャンを呼んで…きっと那須がもっと盛り上がるんじゃないかなと思います。
同じ栃木でも、宇都宮や足利でライヴしたって話はよく聴くけれど、ツアーバンドはだいたい那須の辺りをスルーしていくのが当たり前だからね。

RUSTICOのステージ、メンバーがどんどん増えていって最終的にこの人数。
結成2年目かあ。
(以上、田代さんによるライヴ写真でした)

ステージの脇でギターケースにずっと絵を描いていたのは、三浦家の末っ子。

人前で絵を描くってのがとても苦手なぼくにとっては、ライブペイントできる絵描きさんはみんな尊敬します。
よくやるよなあ。
雑貨屋スペースはライヴ中ラウンジスペースになっていて、終演後はDJタイムになっていた。
この空間もすごく居心地よい。

終演後。出演者のみなさんと。

エスキモーズのみんなは遅い時間に東京へ向けて出発した。
いつも遠征はお呼ばれされる側なので好き勝手楽しんで帰るだけなのだけれど、今回は自分の地元ということもあって、メンバーが楽しんで帰れたのかがちょっと心残りである。
晴れてさえいれば、あたりは那須高原なので動物も自然もたくさんあっていろいろ見所あるのだけれど、まあそれはまたの機会です。

ちなみに、本当は我が家に泊まる予定だった男・りゅうのすけ。
諸事情で彼も東京に帰っていったのだが、背中に「バーベキューシナガラミンナトセッションシタカッタ」と書いてある。

あそびにきてくれた皆さん、ありがとうございました!


ぼくはこのあとバロンさんご一行と実家に一泊。(あまり記憶がない)
次の日は庭でバーベキュー。

セッションしたりちびっ子たちと遊んだりと盛りだくさん。
この週末は常に酔っぱらっているよな感じでした。


2014.6.21
LIVINGSTON(那須)

1.生活の柄(高田渡のカバー)
2.より道
3.きみとぼく
4.もののけ大行進
5.あさひあびにゆこう
6.終着駅
7.雨降りお月さん(童謡 唄:マボロシ子)
8.夕涼み
9.ゴーウエスト(ドリフターズのカバー)
10.ロッホ・ローモンド(スコットランド民謡)
11.ESKIMOZ CAMP
12.空に花束



 
| 00:31 | エスキモーズLIVE | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 00:31 | - | - | - |
Comment








ありがとうございます!
なかなか最近更新できていませんが、また読みにきてください(^^)
posted by ゆう | 2014/08/02 1:01 AM |
ファンの者です。更新いつも楽しみにしてます。
posted by mog1983 | 2014/07/25 12:41 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eskimoz.jugem.jp/trackback/483
<< NEW | TOP | OLD>>