ごはんができたよー!!

ごはんができたよー!!

エスキモーズの歌唄い、三浦由有の日記。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK   PROFILE  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
FIRE BIRD

 

2015年 ライヴ納めは新松戸FIRE BIRDでした。

セットリストは忘れました。

2015年は通算8回のライブ。

年々減ってきてます。

THIS IS エスキモーズなのかも。

2016年はもっと減ります。

ありがとうございました!

 

| 05:26 | エスキモーズLIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
ESKIMOZ CAMP 3

下北沢SHELTERにて、エスキモーズ主催のイベントESKIMOZ CAMP 3を開催。
SHELTERで自分らのイベントができる日がくるなんて、バンド始めたての自分に教えてあげたい出来事だ。
昼間のイベントにもかかわらず、たくさんの人が来てくれて感謝感謝です。


出演してくれた、Nutty Western's、THE BREMEN$、NAUGHTY DEVILZ TRIO、DJのSHIMAくん、本当にありがとう。
みんな素晴らしいパフォーマンスでした。


昼からのコンパクトなイベントだったので、そのあとは昼間からの打ち上げ。
終電気にしないで飲めるというのが、素晴らしい。
いつもライヴの打ち上げと言ったら22時からスタートだものね。
この日は15時過ぎからスタート!


バンドやお客さんが徐々に帰って行き、気付いたらエスキモーズばかり残っている。
さてそしたら飲み直すか、と瓶ビールを注文した。


最後の最後まで残っていたのはこのふたりとぼく。
そして、終電を気にしないでよかったはずの打ち上げで、龍ちゃんは終電を逃して我が家に泊まることとなった。
述べ11時間にも及ぶ打ち上げ、おつかれさまでした。

本当楽しい1日だった。
次ESKIMOZ CAMPを開催するときは、われわれのアルバムが発売するとき!だと思う。


2015.11.7
ESKIMOZ CAMP 3

1.ワニの沼
2.祈る街
3.もののけ大行進
4.あさひあびにゆこう
5.旅の唄
6.兎の眼
7.ロッホ・ローモンド
8.ESKIMOZ CAMP〜IRISH POLKA
ーアンコールー
9.民衆の歌
 
| 10:33 | エスキモーズLIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
MATSURI 2015

10月11日、個人企画の中では最大規模なのではないか?でお馴染みのイベント『MATSURI 2015』に出演。
八王子にて、総勢55バンド、5ステージで同時進行のタフなイベントである。
我々エスキモーズはPAPABEATステージのトップバッター、アコースティックセットのステージ。


MATSURIというからには、和で攻める。
同じトップバッターの顔ぶれを見ると、みんなが楽しみにしているようなバンドたちが並ぶ。
パンクバンドが中心のイベントなので、最初っからエスキモーズ見にくる人いるのか?と思ったが、それでもエスキモーズのステージを選んでくれた人がたくさんいて、嬉しかった。


ステージが終わったら即打ち上げ。
八王子は昼からやっている居酒屋がたくさんあってありがたい。


会場には、YELLOW GANG山田くんがやっているお灸体験コーナーが開催されていた。
山田くん、茨城の方でなずな堂鍼灸院を開業している。
職業柄、腰を痛めているドラムまっちゃんは腰を治療してもらっていた。


汗を流そう、ということになり、男3人で銭湯へ。
風呂上がりにラーメン食べて、時刻はまだ19:00を回ったところ。
ライブ会場では、まだまだこれから盛り上がってくるところなんだけど、なんだかやりきった気分になった僕らはお先に失礼しました。
それにしてもこの壱発ラーメン、久々に食べたけれど、ズドン!と来る一杯だ!
山芋の千切りが乗っている豚骨ラーメン。

主催のヒロくん、ほんと毎回すごい!と思います。
遅くなったけれど、おつかれさま!


2015.10.11
MATSURI  2015

1.生活の柄
2.より道
3.もののけ大行進
4.ワニの沼
5.祈る街
6.旅の唄
7.兎の眼
8.民衆の歌(レ・ミゼラブルより)
9.ESKIMOZ CAMP〜IRISH POLKA

 
| 21:57 | エスキモーズLIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
BASEMENT BAR

9月27日 下北沢BASEMENT BAR


ライヴ前のバーミヤン。
この日はおりさ・おりえの二人が仕事終わりにライヴハウスへ駆けつけるので、我々は彼女らを飲み食いしながら待った。


路上で偶然digdaに遭遇!
地元の栃木県西那須野でしか会ったことないので、不思議な感じ。
テンション上がって記念撮影。


DJが楽しい!
北島有太さんのDJで踊るのは久々だ。


憧れのゴーグルエースとの共演でもあった。


お酒があまり飲めないマボロシ子がテキーラ飲んで、本番前にこの有様。


あれ、曲順どうだったっけ?
毎度ライブ前にバタバタやる作業。


2015.9.27
下北沢BASEMENT BAR

1.夏のおとどけもの
2.もののけ大行進
3.きみとぼく
4.祈る街
5.ワニの沼
6.あさひあびにゆこう
7.兎の眼
8.民衆の唄
9.ESKIMOZ CAMP〜IRISH POLKA
 
| 10:20 | エスキモーズLIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
MID WEST ROCKIN' RIOT VOL.3リリースパーティー

8月23日、「MID WEST ROCKIN' RIOT VOL.3」リリースパーティーにお越しの皆様、ありがとうございました!
吉祥寺のライヴハウス2会場にて、総勢14バンド15ステージとDJのお祭りイベント、すごく楽しかった。

エスキモーズは初の8人編成でのステージ。
「MID WEST ROCKIN' RIOT VOL.3」に収録した「ワニの沼」という曲も、バンド編成としては初披露だった。
レコーディングのミックスをお願いしたテンガロンが、那須のライヴに引き続き今回もパーカッションとして参加してくれたので、音源のように賑やかな演奏が実現できた。
「ワニの沼」の原案は4年前くらいに作ってあったのだけれど、その時のエスキモーズに"ハモりが命の曲"というのが出来るのか、ちょっと自信がなかったので、そのデモはずーっとお蔵入りしていたのだった。
こうしてライヴで出来る日が来るのはとても嬉しい!
ちなみに、そのデモをメンバーに聴かせて「これやりたい!」って言ったときの、みんなのピンときていない表情は忘れられない…。
自分としてもお気に入りの曲になったし、なかなか好評なので、今後どう成長していくか楽しみである。
「MID WEST ROCKIN' RIOT VOL.3」は今後、エスキモーズのライヴ会場でも購入できるので、よろしくお願いします!



ここからは写真でダイジェスト(最近このパターン多い…)


ライヴの日の朝ごはんはカレー!
ダッチオーブンで、大きく切った野菜に旨味をぎゅっと閉じ込めました。
(ライヴの記事には一切関係ない)


ライヴ前のスタジオ練習。
うきうきしている様子。


夏模様の一丁蘭とは裏腹に、外は雨。


まだライヴ会場に機材搬入できないというので、みんなでインド・ネパール料理のお店「カトマンズ」でランチ。
個性的なおばちゃんのネパーリージョーク炸裂、とても良いお店だった。


インドビールにネパールビール。
思い出のインドビール「キングフィッシャー」ある?と尋ねると、昨晩インド人がやってきて在庫全部飲み干してしまった、とのこと。


THE BREMEN$。


ライヴ中のオフショットらしいオフショット、これしか撮ってない。
THE AUTOCRATICS周平くんと。


個人的に一番盛り上がったのが、SHIMAくん(Alegre)のDJ。
みんなブチ上がってた。
機材トラブルとかで色々あったけれど、最高だった!


エスキモーズ龍とTHE RODEOSタイキ。
DJに合わせてなにか歌ってたんだけれど…このあたりの記憶はあやふや。


THE RODEOSのステージには、我らがトロンボーンおりえが参加。
エスキモーズのステージとは違う、弾けるように吹く彼女はかっこよかった。
うちのメンバーすげーな、と内心誇らしげだった。


大トリはNutty Western's。
今までみたNutty Western'sの中で一番かっこよかった。
イベント大成功でしょう、伊勢くん!


抜け殻となったキタジ(THE RODEOS/Nutty Western's)。
この日全部で3ステージに出演!


最後に、久々の秋田スリムさん。
ご機嫌なDJ、これまた最高だった!
秋田にライヴしに行った時に出会って、早6年くらい経つのだな。
いろんな出会いが交錯するイベントでもあった。


2015.8.23
ROCK JOINT GB/SILVER ELEPHANT(吉祥寺)

1.夏のおとどけもの
2.もののけ大行進
3.きみとぼく
4.ワニの沼(新曲)
5.あさひあびにゆこう
6.兎の眼
7.祈る街(新曲)
8.ESKIMOZ CAMP

エスキモーズfacebookページもいいねよろしくお願いします。
| 00:47 | エスキモーズLIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
STORY BOOK 第3章

毎年呼んでもらい、今年で三回目の那須。
エスキモーズでアコースティックライヴしてきた。
遊びにきてくれたみなさん、CD買ってくれたみなさん、ありがとうございました。
ゆったり音楽のミュージシャンが多い中、我々だけ賑やかバンドだったので、いい具合に賑やかした。
新曲「ワニの沼」も初披露。
アコースティックバージョンだったけれどなかなか好評だった。
こちらはこの夏発売するコンピレーションアルバム「MID WEST ROCKIN' RIOT vol.3」に収録されているのでお楽しみに。
RUSTICOの二人、おつかれさま & 今年も呼んでくれてありがとう!

ここからは写真でダイジェスト。


出発はこのメンバーで。
ジャンベのまっちゃんは、妻娘と共に別行動で向かっている。
那須のペンションを予約して、家族旅行のようである。
もうひとりのメンバー、パーカッションのテンガロンは「大宮までチャリで行って、そこから電車で那須へ向かう」と前日に連絡が入った。
…なぜ??
メンバーの頭には?がたくさん浮かんだのだが、とにかくリハーサルに無事間に合う事を祈る。


東北自動車道をかっ飛ばし、二時間程度で到着してしまった。
とりあえずコンビニにチェックイン。
リハーサルまで3時間程度あるので、それまで何するか作戦会議である。
コンビニの横に田んぼがあった。
どれどれ、のぞきにいくと…


小さいアマガエルがたくさん!


短時間でいろいろ見れて何か食べれるところ、ということで「アジアンオールドバザール」へ。
入場すると、アジアの香りが漂う異空間。
雑貨や服を売っていたり、謎の仏像がいたり、遊べてのんびりできるのでおすすめなのである。
もちろん入場無料。

買い物かご。(あーピンボケ残念)


ごはんはバリのお店で。
バリのあのポワンポワンした音楽が眠気をさそう。


そして椅子で寝る者、芝生で寝る者が続出。
リハーサルの時間までしばらく仮眠。


今夜の会場、ハンバーガーカフェUnicoに到着。
そこに待ち受けていたのは…


まっちゃんの愛娘、ゆいちゃん!初対面!
みんなのカメラに囲まれる中、とてもお眠な表情。(しかし全然泣かない)
お祝いにプレゼントした太鼓を持ってきていた。
父のサポートかな?


メンバー勢揃いでリハーサル。
Unicoはとてもいい感じのお店だった。
フラワーアレンジメントやキャンドルなどの装飾が加わって、さらに良い雰囲気に。


お店の裏にあるベランダに出ると、そこには田舎の風景が。
観光地の街道だから一見華やかそうだけれど、それでも那須は田舎なのである。


リハーサルを終え、コンビニの駐車場へ移動。
蚊取り線香を炊いて、ビールを飲む。
ライヴ会場の駐車場で騒ぐと、まだ営業中の近隣のお店に怒られてしまうので自粛して移動したのである。
背中に文字を書く伝言ゲームで時間潰し。


会場に戻るとキャンドルが灯されていた。





辺りが暗くなり、観光客も帰ってゆき、近隣の店も閉店したころ、Unicoに続々とお客さんが集まってきた。


店内でライヴを見たり、テラスで食べたり飲んだり話したり、東京にはなかなかこういう空間ないな。


大トリのRUSTICOはしっとりとしたライヴをしていた。
RUSTICOのMakiはぼくの妹(次女)なのだけれど、最後の曲で流れていたアニメーションを作ったのも妹のTomo(三女)。
三浦家の色が強いイベントだ…!


ライヴイベントが終わり、メンバーと僕の実家へ。
時刻はすでにAM1:00近かった。
普段なら寝ているはずの父が、母とともにカレーを作って待っていた。
Unicoのハンバーガーを食べ逃したメンバーと遅い夕飯。
順番にお風呂に入りつつ、父と晩酌。
畳の部屋には布団が大量に敷き詰められていて、なんだか修学旅行のようだ。
最後の風呂から上がると、テンガロンが一人まだ起きていた。
そろそろ始発が出るからこのまま帰る、とのこと。
薄暗い朝靄のなかを彼は去って行った。(実家から最寄り駅まで徒歩40分はかかるが…)


10時過ぎまで爆睡。


昨日の出演者・スタッフが続々と集まり、BBQ打ち上げ。
これは毎年の恒例行事。


ミロ少年、小学1年生になった。
ジャガイモを焼く事に全力投球。
英語を習っているらしく、ポテトではなく「ポテイロー!」と言う。


ペンション泊だったまっちゃん一家も到着。
ここでもゆいちゃんは人気者。



庭のケヤキの木には、父と妹が5月に作ったチョウタラが。
チョウタラとはネパールの山道などにある木陰の休憩所のことで、旅人や村人が山を歩く際一休みするためのものらしい。
かつて母が住んでいたネパールに祈りをこめて、とのこと。


良い時間になってきたので、エスキモーズはここらで東京へ帰る。


羽生PAにて、まっちゃん一家と再会。
この旅最後の記念撮影。
羽生PA、なかなか面白いところだった。



2015.6.13
Hamburger Cafe Unico(那須)
STORY BOOK 第3章

1.夏のおとどけもの
2.もののけ大行進
3.祈る街(新曲)
4.ワニの沼(新曲)
5.あさひあびにゆこう
6.旅の唄
7.兎の眼
8.終着駅
9.ESKIMOZ CAMP〜IRISH POLKA
 
| 17:18 | エスキモーズLIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
LUNCH IN THE CHAOS


久々の東京LIVE、久々のフルメンバー。

エスキモーズ in 下北沢SHELTERへ遊びにきてくれたみなさん、ありがとうございました。















お昼のイベントで、前日に告げられた入り時間は10時!?

こんな早くにライヴハウス入りしたのは初めて。

起きれないからリハーサル行かないって○勢くん言い出す始末。

ビール片手に「おはよー」って集合する辺りはさすが酒飲みバンドの我々であった。

いい天気だったし、ビールでしょ。



これまた久々に出演するI HATE SMOKE RECORDS企画のイベントは、岡山から来たaapsを始め、A PAGE OF PUNK、SEVENTEEN AGAiNとの共演だった。

個人的には、A PAGE OF PUNKがとても好きなので、嬉しい組み合わせ。

aapsのドラム ムラちゃんは、彼女がまだバンドをやっていなくて(?)イベント企画者だった時に呼んでもらったことがあったのだけれど、こうして同じステージで共演するってのは不思議な巡り合わせだなと思った。

ラストはSEVENTEEN AGAiNがどっかーんと盛り上げました。



昼間からのイベントってことで、ライヴが終わり撤収して外に出るとまだ明るく、時刻は15時。

打ち上げを2会場回って、家に帰っても全然健康的な時間に就寝できる。

むむむっ、お昼ライヴなかなか良いぞ?





2015.5.6

下北沢SHELTER

LUNCH IN THE CHAOS



1.生活の柄(高田渡のカバー)〜より道

2.ESKIMOZ CAMP〜IRISH POLKA

3.祈る街(新曲)

4.あさひあびにゆこう

5.旅の唄

6.もののけ大行進

7.兎の眼

8.ロッホ・ローモンド(スコットランド民謡)

9.船乗りの唄

| 15:04 | エスキモーズLIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
狂宴 in ARMADILLO

名古屋のアニキ、チャンゴ氏が主催するイベント「第995873217回 狂宴」にエスキモーズで出演した。
昨年11月以来のライヴ(しかもその時も名古屋…!)だったので、なんだか勘を取り戻すような手探りライヴだった。
やっぱライヴはこまめにやらないとダメだねえ。
しかしながらとても楽しい時間でした。
遊びにきてくれた皆さん、ありがとうとざいましたー!
そして我々を呼んでくれたチャンゴ氏と、チャンゴ氏率いるBANQUET ROVER及び名古屋不良軍団の皆さん、おつかれさまでした&ありがとうございました!
また遊んでください。


名古屋の旅の写真ー


朝8:30 大久保に集合し、ラジオ体操して出発。


用賀ICにて、ヒッチハイカーを拾う。
話を聞いているうちに、僕の高校の同級生と同じ職場だという事が判明!世界は狭い。
就活がんばりたまえ、大希くん。


清水SAにて。
運転お疲れさま、マボロシ子。


名古屋ICを降りたすぐのところに、今夜の会場ARMADILLOはあった。
普段はカントリーやハワイアンをやっている、すごく渋いライヴバー。
何となく、横浜市日ノ出町にあったGUPPYを思い出すような店だった。


本日の主催者、チャンゴさん。
チャンゴ氏に会うといつもケンカを始めるマボロシ子とおりさ。
「おれにケンカ売ってくるバンドマンはエスキモーズ(の女子)くらいだ」とチャンゴ氏。
いつも遊んでもらっている。


マボロシ子・おりさがチャンゴ氏と戦っている頃、僕と龍・松・織江の四人は近所で腹ごしらえ。
手羽先にどて煮、ウマイ名古屋飯にありつく。


ライヴがスタート。
一番目はチャンゴ氏のBANQUET ROVER。



蒲郡POGUES。(蒲郡で結成されたPOGUESのカバーバンドだから蒲郡POGUES)
以前もらったTシャツを着ていったら、新しいTシャツをくれた!


二階席。


大阪からやってきたDOLPHIN KICK。
ロックンロール!


メキシカン料理がとても美味しいARMADILLO。
しかし、外でラーメン食べてきちゃった男子3人。
もう胃袋には1mmも隙間がなかったのであった…。


大トリは長野のHOBBLEDEES!
大盛り上がりでかっこ良かった。
初対面なのに話しかけてくれて、とても良い人たちでした。


ZZZZzzzz…


打ち上げ。
三線を弾いて島の唄を歌うチャンゴさんと、BANQUET ROVERのアコーディオンで沖縄出身のえまり。
チャンゴさんはどんな楽器でも出来るのであった。


夜も更けてきたのでエスキモーズ撤収。
ステージから見た会場はこんな感じ。


女の子3人はマボロシ子の友人宅に宿泊、男の子3人はその友人宅の前で車中泊。
外は雨、ビールやツマミを買い込み、コンビ二のビニール袋にライトを入れてランタンに見立てて、完全にキャンプ気分。
こっちはこっちで夜遅くまで楽しくやっていた。
朝方、寒くて眼が覚め、早朝からやっている銭湯を検索して駆け込んだのであった。


翌日、覚王山のコメダコーヒーで一杯やり、チャンゴさんと合流した。
昼ご飯でも食べようと約束していたのである。


で訪れたのはお馴染みの味仙。
台湾ラーメン食わねえと帰れねえ!
ビール飲みながらってのが出来ないのが残念ではあるね。


マボロシ子と、"爆走の龍"の運転で、東名をカッ飛ばして帰っていったのであった。
"爆睡のゆうとおりさ"


2015.3.6
名古屋 ARMADILLO

1.夏のおとどけもの
2.ESKIMOZ CAMP
3.祈る街(新曲)
4.あさひあびにゆこう
5.旅の唄
6.もののけ大行進
7.兎の眼
8.ロッホ・ローモンド
9.船乗りの唄
−アンコール−
10.民衆の歌
| 19:44 | エスキモーズLIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
ANIMAL PLANET

11月15日、エスキモーズは名古屋へ。
今年、愛知県遠征率が非常にたかい!

お世話になっているI HATE SMOKE RECORDSと、名古屋のレコード店 ZOOのコラボイベントに出演した。
出番が結構遅かったので、我々を見れずに帰っていってしまったお客さんもいたようで申し訳なかったけれど、それでも残ってくれてたお客さんは楽しかった!と言ってくれて、来てよかったなーと思った。
遊びにきてくれたみなさん、CD買ってくれたみなさん、ありがとうございました!
ライヴ写真は、高校の後輩 恵一が撮ってくれたもの。


以下、その他の写真。


最近の車内のフォーメーションはこんな感じ。


リハーサルの順番待ち。


本番までの時間を潰す場所を探して。


男3人で味仙の台湾ラーメンを食べに。
今見てもよだれが出てくる…!


まっちゃん、汗だらだら。


女子グループはおしゃれなカフェでくつろいでいた。
高い位置で大ができる、妙なトイレ。


毎度名古屋に行くたびに付き合ってくれる高校の仲間たち。
終電無くしても、最後の見送りまで残ってくれた。
いつもありがとうー!!


打ち上げ出ないで、このままの勢いで帰ろうということに。
出発前に「ザ・めしや」という定食屋さんで腹ごしらえ。
名古屋では通称「ザメシ」と呼ぶらしい。


勢いで帰る!と、まっちゃんとマボロシ子が交代で運転してくれたのだけれど、睡魔には勝てず…。
1時間走ってはサービスエリアで2時間仮眠、また1時間走って3時間仮眠を繰り返し、結局東京に到着したのは9時だった。
今度からは名古屋で仮眠してから出発するほうが賢いかもなーと思うのだが、運転できないぼくは何も言えないのであった。


2014.11.15
名古屋 CLUB ZION

1.夏のおとどけもの
2.ESKIMOZ CAMP
3.おばけ波
4.きみとぼく
5.もののけ大行進
6.あさひあびにゆこう
7.兎の眼
8.ロッホ・ローモンド
9.空に花束
 ーアンコールー
10.民衆の歌

 
| 14:10 | エスキモーズLIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
モノノケ音楽会

エスキモーズで名古屋遠征。
蒲郡の時も我々を呼んでくれたカズさんのイベントで、T字路'sや夜のストレンジャーズ三浦さんなども出演したことがあるバー(!)でのライブである。


名古屋はやはり遠し。
朝東京を出発したが、名古屋に到着したのは15時近くであった。

演奏するバー『サンディーズ』は、なんとも雰囲気の良いバーだったけど、本当にお客さん入るの??って狭さ。
マスターがとてもいい人。
サウンドチェックを済ませ、街をふらふら。

もう何度目かの名古屋方面でのライブだから、馴染みのお客さんや音楽仲間も増えた。
ライブ前に、BANQUET ROVERのチャンゴさんに捕まり、出番ギリギリまで飲むことに。
おかげで共演のこうさくさんやDJの方々全然観れなかったっ…!

エスキモーズのライブはアコースティック編成。
鰻の寝床状態のバーも、たくさんお客さん入ってよかった!
最後にはアンコールならぬニンニキコールでゴーウェスト演奏したり。
我々の後に出演したPURTATA、jaajaのメンバーでの新しいバンドなのだ。
観れてよかった。
いつかの共演時は赤ちゃんだったキノが立派な少年に。
メンバーとして演奏していた。
ライブペイントのルビーちゃんも可愛かったです!


打ち上げはなぜかラーメン屋へ。
ラーメン屋で打ち上げって…!!



夜遅くまで飲み明かし、予約していた宿に行ってみると、そこはなかなか不気味な(失礼)宿なのであった。
真っ暗な受付にはだーれもいないので、そーっとそーっと忍び足で侵入。
階段を上がって、妙だなあ変だなあって振り返ると、そこにはでっかい鏡に写る月明かりに照らされた自分…!ギャ!
それでも部屋に到着するとなかなか落ち着く和室間なのであった。
エスキモーズはなんだかんだ和室の大部屋が好きなのである。


翌日みると、なかなか味のある宿ではないか!

メンバーみんな別々行動ということで、ぼくは名古屋に住む高校時代の仲間とそばを食べに出かけたのであった。


櫂、大きくなったなー!

また来年ね!なんて言って別れたけれども…
どうやら年内にまた名古屋いk…(略)


♪BGM『LIGHT』SPECIAL OTHERS ACOUSTIC
| 18:20 | エスキモーズLIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/11 | >>